国際税務 News & Database

製薬会社の現物出資を巡る事件が確定

2021.05.18

イギリスの完全子会社に対する「ケイマンLPS持分」の現物出資が「適格現物出資」に該当するかどうかで争われていた事件で、納税者の勝訴が確定しました。

国側控訴を受けた東京高等裁判所は4月14日、原審の東京地裁判決を全面的に支持する判断を行っていましたが、このたび、国側が最高裁判所への上告をしなかったことがわかりました。

この事件については、本誌2020年6月号「塩野義製薬事件の分析と意義」で解説しています。

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら