国際税務 News & Database

国税庁 OECDの「新型コロナウイルス感染症の世界的感染拡大に関する移転価格執行ガイダンス」の仮訳を公表

2021.02.26

 国税庁は2月24日、OECDが昨年12月に公表した「新型コロナウイルス感染症の世界的感染拡大に関する移転価格執行ガイダンス」の仮訳を公表しました。
 ガイダンスでは、「第1章 比較可能性分析における移転価格」、「第2章損失及び新型コロナウイルス感染症特有の費用の配分に関する移転価格」、「第3章 政府支援プログラムに関する移転価格」、「第4章 APA」の4章に亘り、新型コロナウイルス感染症の世界的感染拡大により生じた問題について移転価格上どのように対応すべきか、その考え方を示しています。
 「月刊 国際税務」3月号掲載の特別解説「国際課税に係る執行状況について」の中でも、同ガイダンスの概要と、ローカルファイル作成と事前確認に関する実務上の留意事項を取り上げています。

・国税庁HP 「新型コロナウイルス感染症の世界的感染拡大に関する移転価格執行ガイダンス」の仮訳など掲載ページ

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら