国際税務 News & Database

OECDがデジタル課税に係る現時点の青写真を公表

2020.10.19

OECDは10月12日に、デジタル課税に係る第一の柱(利益配分ルール等)、第二の柱(最低税額の導入)の現時点の青写真となる資料(Tax Challenges Arising from Digitalisation – Report on Pillar OnePillar Two Blueprint)などを公表した。

なお、同議論について当初の目標であった2020年内の最終合意には至らず、2021年の半ば(mid-2021)までの合意を目指すことも、同資料の中で示されている。

なお、現在、同資料等に係るパブリックコメントを本年12月14日までOECDのHPで募集している。

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら