国際税務 News & Database

OECDが研究レポート「エネルギー利用への課税2015(Taxing Energy Use 2015)」を公表

2015.06.29

 OECD(経済協力開発機構)は、このほど世界の41カ国におけるエネルギー利用に対する課税を比較研究したレポート「エネルギー利用への課税2015(Taxing Energy Use 2015)」を公表しました。
 公表に際し、アンヘル・グリア事務総長は、「現在のエネルギー利用に対する課税は低く一貫性にも欠けている。エネルギー利用が引き金となる温室効果ガス排出が健康に与えるネガティブな影響を抑制するための材料として税制が効率的に活用できていない」とコメントしています。

※OECD東京センター「エネルギー税はエネルギー利用が環境に与える影響からずれている」(6月25日)

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら