国際税務 News & Database

BEPS行動計画につき本年中の全成果物の公表を確認~G20財務大臣・中央銀行総裁会議(ワシントンD.C.)

2015.04.20

 4月16、17日に米国・ワシントンD.C.においてG20国財務大臣・中央銀行総裁会議が開催されました。

 税制面では、「この観点から、我々はG20/OECD 税源浸食・利益移転(BEPS)行動計画による成果物の2015年中の完了に向け、予定通りに取り組んでおり、情報交換に関するコミットメントの実行に向けても取り組んでいる。」との声明が採択され、主に「BEPS行動計画」と「情報交換」に関する取組の確認が行われました。

 なお、BEPS行動計画については15項目の行動計画にうち7項目については、昨年9月に成果物が公表されており、残りの項目についても、本年9月と12月に成果物が公表される予定で作業が進められています。

※財務省「20か国財務大臣・中央銀行総裁会議声明(仮訳)(2015年4月16-17日 於:米国・ワシントンD.C.)

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら