国際税務 News & Database

国税庁がブルネイへの酒類輸出申請手続の詳細を公表

2015.03.10

  間もなく東日本大震災の発生から4年目を迎えます。震災に伴う福島第一原子力発電所の事故を受けて、我が国から輸出される酒類・その他食料品について、相手国により所管当局が発行する証明書の添付が必要となります。

 国税庁の所管品目である酒類では、欧州・アジア等13の国・地域が対象となっていますが、同庁はこのほどブルネイ向け酒類輸出に係る証明手続の詳細と申請書様式を公表しました。「証明申請書」と「ブルネイへの輸出申請書」及びこれらの記載要領が、同庁ホームページにアップされています。詳細は下記リンク先をご参照下さい。

※国税庁HP「ブルネイに輸出する酒類に関する証明書の発行について」(平成27年3月6日更新)

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら