国際税務 News & Database

OECD租税委員会が利子損金算入(行動計画4)、相互協議の効果的実施(行動計画14)に係るディスカッションドラフトを公表

2015.01.07

 OECD租税員会はこのほど、BEPS行動計画4及び14に係るディスカッションドラフトを公表しました。今般、公表されたドラフトは以下の2つです。

・BEPS行動計画4(利子損金算入や他の金融取引の支払を通じた税源浸食の制限)に関するディスカッションドラフト

・BEPS行動計画14(相互協議の効果的実施)に関するディスカッションドラフト

 なお、ディスカッションドラフトに対するコメントの提出期限ですが利子損金算入については2015年2月6日、相互協議の効果的実施については、2015年1月16日とされています。

※OECD「Release of a discussion draft on Action 4 (Interest deductions and other financial payments)
※OECD「Release of a discussion draft on Action 14 (Make dispute resolution mechanisms more effective) of the BEPS Action Plan
※国税庁「OECD租税委員会による利子損金算入や他の金融取引の支払に関するディスカッションドラフトの公表について
※国税庁「OECD租税委員会による相互協議の効果的実施に関するディスカッションドラフトの公表について

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら