国際税務 News & Database

BEPS最終報告、来月トルコで開催のG20首脳会議に提出へ

2015.10.16

 OECD(経済開発協力開発機構)は、10月8日にペルーのリマで開かれたG20財務大臣会合に、先にとりまとめBEPS最終報告を提出しました。

 同報告は、来月11月15~16日にトルコのアンタルヤで開かれるG20首脳会議にも提出される見通しで、今後の焦点は、「全ての関心を有する国・地域が対等な立場で参加するよう招請されるような、BEPSを監視し対抗措置の実施を支援するための包括的な枠組みの設計及び導入」(OECD)へと移ります。
 国内手続としては、例年12月にとりまとめ・公表の「平成28年度税制改正大綱」に所要の措置が盛り込まれる見通しです。

※OECD:Base Erosion and Profit Shifting

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら