• ホーム
  • 国際税務 News & Database
  • 2015年
  • BEPSプロジェクトの15の行動計画の最終パッケージは10月までに取りまとめの見込み~G20財務大臣・中央銀行総裁会議(トルコ・アンカラ)
国際税務 News & Database

BEPSプロジェクトの15の行動計画の最終パッケージは10月までに取りまとめの見込み~G20財務大臣・中央銀行総裁会議(トルコ・アンカラ)

2015.09.07

9月4、5日にトルコ・アンカラで20か国財務大臣・中央銀行総裁会議が開催されました。

 税制では、G20/OECD のBEPSプロジェクトに関して、行動計画は実行の最終段階にあるとし、「15の行動項目全ての最終パッケージは10月までに取りまとめられると見込まれる」としています。次回のリマ会合でレビューされたパッケージが提出される予定です。

 また、自動的情報交換については、課税システムの透明性を高めるための作業を続け、合意された自動的情報交換の実施に向けたスケジュールを再確認する、との声明が採択されています。

※財務省「20か国財務大臣・中央銀行総裁会議声明(仮訳)(2015年9月4-5日 於:トルコ・アンカラ)

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら