国際税務 News & Database

OECD、クロスボーダー投資家に係る草案文書の受領コメントを公表

2010.10.14

OECDは先に、「クロスボーダー投資家のための税負担軽減手続きの実行可能な改善」の草案文書(「実施要綱」)について一般から寄せられたコメントを公表しました。

この草案文書(「実施要綱」)は、OECDが2010年2月8日に、租税条約または源泉国の国内法に基づいて源泉徴収税率の引き下げを請求するポートフォリオ投資家のための簡素化された手続きの実施に向けて発表したもので、OECDは一般からのコメントを求めていました。

■参照:月刊『国際税務』のOECD情報(近刊)
  2010年11月号「OECDモデル租税条約コメンタリー2010年の主な改正点」
  2010年10月号「OECD諮問委員会(BIAC)を巡る最近の状況──移転価格ガイドライン第1章~第3章の改正」
  2010年9月号「OECDワシントン会議(2010年6月)の概要」

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら