国際税務 News & Database

非居住者等所得の源泉所得税額、前年対比73.5%の減少~国税庁

2010.10.26

国税庁はこのほど、「平成21事務年度 法人税等の申告(課税)事績の概要」を公表しました。

その中の「平成21事務年度における源泉所得税の課税事績の概要」によると、源泉所得税額が3年連続で減少しており、これは主に給与所得と配当所得の税額が減少したことによると報告されています。

一方、国際取引に係る源泉所得税(非居住者等所得)の源泉所得税額についても、平成21事務年度は2,489億円で平成20事務年度よりも899億円の減少(前年対比73.5%)となっています。

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら