国際税務 News & Database

日本国政府、ガーンジー政府と情報交換を主体とした租税条約の締結に向けて交渉を開始

2010.11.01

財務省は10月29日、ガーンジーとの間で情報交換を主体とした租税条約の締結交渉を、11月3日・4日(予定)にニューヨークで開始する旨、公表しました。

本交渉では、日本からは外務省及び財務省の関係者が、ガーンジーからは財務省の関係者が、それぞれ出席します。

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら