国際税務 News & Database

「日本・マレーシア租税協定」改正議定書、発効へ

2010.11.02

「日本・マレーシア租税協定」改正議定書(2010年2月10日署名)の外交上の公文の交換が11月1日、マレーシア・プトラジャヤで行われた旨、財務省が公表しました。

これにより、同改正議定書は外交上の公文の交換日後30日目に当たる12月1日に発効し、両国において、2011年1月1日から適用が開始されます。

参考:月刊『国際税務』9月号別冊「日本・マレーシア租税協定」改正議定書の解説と条文(田畑英樹)

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら