お知らせ・セミナー情報

税務・経理担当者が知っておくべき「クロスボーダー組織再編・M&Aに係る税務上の重要ポイント」を解説

2019.12.18

昨今、経済のグローバル化が進む一方で、英国のEU離脱や、米国・中国間の貿易摩擦など世界経済を取り巻く不確定要素も発生している状況の中、海外子会社の組織再編や、M&Aを通じて、変化する状況に適切に対応することを検討する企業が増加しています。
 しかし、クロスボーダーの組織再編・M&Aにおいては、大きな税務リスクが発生する可能性もある中で、組織再編を進める事業部サイドと、税務担当部署で情報がうまく共有されておらず、税務上の論点が置き去りにされた状態で、海外組織再編等の計画・検討が進んでしまう場合もあります。その結果として、後に税務上のリスクが顕在化するケースも散見されるところです。
 本セミナーでは、「クロスボーダー組織再編・M&Aに係る税務上の重要ポイント」についての概略や、税務・経理担当者と事業部担当者が、事前に有効な情報共有を行うべきポイントなどについて解説します。皆さまのご参加をお待ちしております。

<※セミナー詳細・受講申し込みは、下記各会場のリンク先をご参照下さい。>

〇開催日時/会場 ※受付開始 13:00より
【大阪会場】 2020年2月4日(火)13:30-16:30 ハートンホール毎日新聞ビルB1 [大阪市北区梅田3-4-5] 
【東京会場】 2020年2月6日(木)13:30-16:30 鉃鋼ビルディング 南館4階  [東京都千代田区丸の内1-8-2]

〇受講料: GLOBAL TAX PLATFORM メンバー  1名につき  無料(※2名様以上は会員料金)
             国際税務研究会会員           1名につき 10,000円(※2名様以上は読者料金)
             月刊「国際税務」読者      1名につき 20,000円
             その他                           1名につき 40,000円

〇講師
大江橋法律事務所 パートナー/弁護士 河野 良介 氏

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら