お知らせ・セミナー情報

はじめてのアメリカ子会社との取引・M&A実務 ~典型的事例を中心に間違えやすいポイントを解説!~

2019.11.19

【日米租税条約改正の影響は?日本親会社が注意すべき実務は?税務調査の執行状況・調査重点項目は?】

国際税務研究会では、海外各国に関する税務情報をお届けしていますが、このたび、アメリカ現地の最新動向を解説する海外税務アップデートセミナーを開催いたします。このセミナーではアメリカ税務の専門家を講師に迎え、アメリカ子会社との取引に係る連邦税(法人所得税)、州税(法人所得税・事業税・売上/使用税)を基礎から理解することを目的に開催致します。併せて、アメリカ現地での最新税務調査動向、並びに日米租税条約改正に伴う実務の変更点等の最近のTOPICSについても分かりやすく解説頂きます。

〇開催日時/会場 ※受付開始 13:00より

【大阪会場】 2020年1月14日(火)13:30-16:30 ハートンホール毎日新聞ビルB1 [大阪市北区梅田3-4-5] 

【東京会場】 2020年1月17日(金)13:30-16:30 鉃鋼ビルディング 南館4階  [東京都千代田区丸の内1-8-2]

〇受講料: GLOBAL TAX PLATFORM メンバー  1名につき  無料
               国際税務研究会会員                      1名につき 10,000円 
               月刊「国際税務」読者          1名につき 20,000円
               その他                                  1名につき 40,000円

〇講師
 山岸 哲也氏(PwC税理士法人 国際税務/M&Aタックスグループ パートナー)
 小林 秀太氏(PwC税理士法人 ディレクター)

皆さまのご参加をお待ちしております。

 

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら