国際税務 News & Database

日本・カタール間のBEPS防止措置実施条約が4月1日適用へ

2020.03.10

財務省は、このほど、租税条約に関するプレスリリースで、「BEPS防止措置実施条約が適用される租税条約が増えます」を公表しました。

 それによると、日本は、2月14日に、カタールとの間の租税条約をMLIの対象とするための通告を、本条約の寄託者である経済協力開発機構(OECD)の事務総長に提出しました。

 カタールでも、昨年、12月23日に本条約の批准書を寄託していることから、これにより、本年4月1日より、日本・カタール租税条約に、MLIが適用されます。

国際税務研究会リニューアル
新しくなった「国際税務データベース」のご利用はこちらから
情報記事見出し検索サービス
国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら