国際税務 News & Database

日・中社会保障協定が署名

2018.05.10

 5月9日、東京において、「社会保障に関する日本国政府と中華人民共和国政府との間の協定」(日・中社会保障協定)の署名が行われました。我が国が署名する21番目の二国間協定となります。
 この協定の締結により、両国企業及び相手国駐在員に係る日中双方の年金制度への二重加入による負担軽減が期待されます。

※厚生労働省「日・中社会保障協定の署名が行われました」

情報記事見出し検索サービス
会員ログイン

会員の方は会員IDとパスワードを入力し、ログインボタンを押して下さい。

会員ID:

パスワード:

国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら