国際税務 News & Database

本年6月現在でCbCRの自動的交換の枠組みに日本を含む65か国・地域が参加

2017.10.11

 各国当局間での「国別報告事項」(CbCR)交換フレームであるOECDの「適格当局間合意」(CBC-MCAA)にコミットしている国・地域は、本年6月現在で日本をはじめとした65カ国・地域となっています(下記リンク先参照)。
 米国・中国は参加していませんが、米国については二国間租税条約の情報交換規定に即した交換を検討している旨が伝えられています。

※OECD:「SIGNATORIES OF THE MULTILATERAL COMPETENT AUTHORITY AGREEMENT ON THE EXCHANGE OF COUNTRY-BY-COUNTRY REPORTS (CbC MCAA) AND SIGNING DATES(Status as of 6 July 2017)」

情報記事見出し検索サービス
会員ログイン

会員の方は会員IDとパスワードを入力し、ログインボタンを押して下さい。

会員ID:

パスワード:

国際税務メールマガジン お申込みはこちら
資料請求はこちら